スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和でチームが「つながるコミュニケーション」

若田光一さんは宇宙飛行士として日本人初となるISS船長という大役を任され、国際宇宙ステーション(ISS)で188日間という長期滞在クルーとして活躍しました。
そんな若田氏が、小学生・中学生を中心とした子どもたちを前に、トークイベントで語っていたことを紹介したいと思います。

『チームワーク=チームの和(ハーモニー)が大切だということを改めて表現したくて、ミッションパッチに「和」という言葉を掲げました。とはいえ、いつもみんなが仲良くできるわけではなくて、何か問題が起きそうなときなどにはみんなが意見をぶつけ合って、議論になります。
しかし、そんなときでも議論を通じて自分の考えをしっかりと相手に伝え、相手が言いたいことをきちんと汲み取ってあげる。
そういうコミュニケーションをしっかりと行うことによって、議論のあとにはお互いの信頼関係がより強くなるのです。
「和」は、私だけでなく日本人が今までずっと大切にしてきた気持ち、世界中の人たちがその価値の大切さに共感してくれる言葉ではないでしょうか。
リーダーは"仲間が何を思っているか"ということに心を配り、リーダーでない人は"もしも自分がリーダーになったらどうするか"をイメージしながら、リーダーを助けようと努力する。
そのようなお互いに相手を思いやる気持ちがチームとしての結束を固いものにするのではないでしょうか。
例えば、集団生活の中で何かをしようとしたときに、仲間の中に何か「こんなことがしたい」というような希望があれば、その希望を叶えてあげようと努力をしようとする。
その気持ちが相手に伝わることで、自分と相手の間に信頼関係が生まれるのではないかと思うのです。
様々な国、様々な背景、様々な価値観を持った人たちが集まり仕事をしているISSの中で起きていることと、私たちの日常で起きていることは、実は同じです。
仲間を大切にする、相手を思いやる「和」の気持ちは、これからの社会でとても大切になってくるのではないかと思います。
こういう言葉を持っている日本語ってとても美しい。
一文字でコミュニケーションの大切さを表現している「和」という言葉は、本当に素晴らしいものだと思います。』(フェイスブックの記事より要約転載)


先日、ぶどうの木の13回目の誕生日を祝って「ぶどう祭」というイベントをしました。
今回のテーマは「つながるコミュニケーション」でした。
ぶどうの木の子ども子育て事業のスタートが久地園だったので、例年既存園4園のスタッフと保護者と子どもたち、関係者の皆さんが久地園に集まってお祭りをします。
3歳から5歳の子どもたちがカフェを運営してサンドイッチでランチを作り、学童の子どもたちは子ども自身が企画運営して10店舗のブースを出店しました。
久地園にはフィリピンのアナリンという女の子の里子がいます。
その子の年間の教育資金として48000円の支援金を送っています。
今回の収益金はその支援に使われます。
ちなみにカフェだけで37000円の利益を得ました。
後半では、各園のスタッフと保護者の有志による昔話の芝居やマジックショー、奇抜なダンス、素敵な演奏会などを行い、ともかくも大盛況のうちににぎやかな楽しい集いになりました。
今回のイベントの全体の実行委員長は、私から、人に厳しく自分に甘いと注意を受けてきた6年目のスタッフでした。
しかし、とても見事に大役を果たしてくれました。
私は感動して「本当に頑張ってくれたね」とねぎらいの言葉をかけました。
するとまわりにいた先輩のスタッフが自分事のように私たちもうれしいですと一緒に泣いてくれました。

テーマである「コミュニケーション」は大切であることは誰もがわかっていることですが、それを実践するのは、容易なことではありません。
お互いが相手の意見と真摯に向き合い、相手の気持ちに寄り添うことで信頼関係を築いていく・・・そんなことは当たり前だと思う一方で、日常生活や職場環境ではつい忘れてしまいがちではないでしょうか。
相手に一方的な意見を押し付けたり、相手の気持ちを考えずに配慮のない言動をしてしまったり、自覚がないまま相手のことを傷つけてしまったりということは、私たちの社会生活の様々なシーンで起きてしまいます。

ぶどう祭の涙ナミダの感動の舞台裏にも、若田さんが世界に提唱した「和」でチームがつながっていたのだとうれしい一コマでした。
保護者の皆さんとも「ただいま」「おかえりなさい。お疲れ様でした」と毎日交わす挨拶やたあいもない会話から、さらに、ひととひとが濃く、熱く、深く、あったかく、コミュニケーションでつながり続けられるようなぶどうの実でありたいと改めて願っています。      

ぶどママ先生より
スポンサーサイト

日本の古来からある伝統文化やしきたりをご存知ですか?

1月、へび年の新年を迎え、保育園でも年始の集いやおしるこ大会など楽しい行事がありました。
皆さんのご家庭ではお正月をどのように過ごされたでしょうか…?
昨今は、おせち料理を作らないご家庭も多くなりました。日本の古来からある伝統文化やしきたりの由来や意味を知らない若い人も多くなりました。
残念なことに日本の古いしきたりが今の世代に受け継がれていないように思います。

ぶどうのある園で去年の正月飾りをきれいだからと飾っていました。
新しいものと交換しましたが、正月飾りの由来も意味もわかっていなかったのです。

『お正月飾りは12月29日と12月31日は飾っちゃダメです。
12月29日は「苦待つ」といわれ縁起が悪い。
31日は「一夜飾り」といい、神様に対して誠意がないとされるので控えるものです。
歳神様のいらっしゃる「松の内」が過ぎる1月7日にとり払って、小正月(1月15日)に行われる「どんど焼き」で焼いてもらいます。
この火で焼いた餅を食べると無病息災で過ごせるといわれているのよ』と若いスタッフに教えました。
おせち料理にもひとつひとつに意味があり、それを作って食べることが、人がより良く生きるための知恵や教えになっていたりすることも忘れられているような気がします。

そんな時代ですから、古来より受け継がれてきた伝統文化やしきたりを子どもたちに伝えていくことは、保育園の役割のひとつとして大切だと思っています。
私たち日本人が大切にしてきた人と人のつながりや四季折々の自然との共生、神様(宗教ではなく)という大きな力を敬う心など、私たちがひととして生きていくうえでの優れた先達の知恵や教えがこうした伝統文化やしきたりに込められています。
ですから、今を生きている私たちが、新しく創り上げているものと調和させながら、未来を生きる子どもたちに伝えていく責任があるように思うのです。

ぶどうの実でも季節の行事企画するときに、スタッフは行事の意味やねらいを考えます。
年始のつどいでは、お正月クイズで楽しくお正月のしきたりや由来を伝えたり、昔遊びの紹介をして楽しみました。久地園の3歳以上の子どもたちはほとんどコマを回せるので、ぶどうの子どもたちにとっては昔遊びではなく旬なあそびですが。(笑)

2月の節分の行事では、心の中の鬼(泣き虫鬼、弱虫鬼、いじわる鬼…)を追い払おう!という豆まきをしたり、恵方巻きづくりをする予定です。
恵方巻きは福を巻き込むことから巻き寿司。
縁を切らないよう包丁を入れずに丸ごと1本!七福神にあやかり7種類の具が入った太巻きが望ましく、その年の最も良いとされる方角(恵方)にむかって、願いごとをしながら、黙々と最後まで食べるのが流儀とのことです。
「しゃべると運が逃げてしまうので、食べ終わるまでは絶対に口をきいてはいけないよ」と子どもたちに話す予定にしているそうです。どんな光景になるのか、イメージしただけでもおもしろいと私も楽しみにしています。
その時に、子どもたちがどんな願いごとをするのだろう…?
私も今年は子どもたちの明るい未来に願いを込めて、子どもたちと一緒に丸かぶりしようと思っています。

                   ぶどママ先生へ

テーマ : 行事・イベント
ジャンル : 育児

プロフィール

ぶどパパ&ぶどママ

Author:ぶどパパ&ぶどママ
平成13年にぶどうの木を設立してから、私夫婦が保護者向けの園だよりに毎月掲載してきたものを、ブログで公開しているものです。
内容は、私たちが関わってきた児童養護施設や保育園、学習塾や様々な子育て応援を通して、子ども子育てを中心にその実践を踏まえた思いや願いなどを綴ってきたものです。
私たちの子ども子育ての実践を「ぶどうスタイル子育て」として確立して行きたいと同時に、広く紹介して少しでも子育てに悩んでいる親へのヒントや支えにしていただければと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。