スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「うまれる」の自主上映会をぶどうの木.inc主催で行います

映画「うまれる」の自主上映会をぶどうの木.inc主催で行います!!

日  時  :  平成26年1月18日(土) 
開場時間  :  AM9:30
開演時間  :  AM9:45
終了予定  :  AM11:30頃
場  所  :  てくのかわさきホール
費  用  :  前売り券 1人1,200円
          当日券   1人1,500円(小学生500円、小学生未満は無料です)
※当日券は、残席がある場合のみ販売致します。

お申し込みはHPをご覧ください!!
http://budou-ki.co.jp/news/umareru.html


会場は小さなお子さんと一緒に座って観られるマット席と一般の椅子席の2種類をご用意していますので、
ぜひお子様連れでお越しください。


今回、「うまれる」の自主上映会の担当をさせてもらっている登戸園の高橋翔子です。
私は昨年の10月に品川で行われた「うまれる」の自主上映会に行き、はじめてこの映画を観ました。その時は、ちょうど自分の周りの保育士さんの間で「すごくいい映画だから、保育士として観た方がいいよ」と話題になっていたのでそれをきっかけに観に行きました。
そしてこれは是非、ぶどうの実に関わる保護者さん、先生たちにも観てほしい映画だと感じ、パパ・ママ先生に是非ぶどうでも自主上映会をやらせてください、とお願いしました。ではなぜ、私が「うまれる」をみんなに観てほしいと思ったかというと、この映画は老若男女すべてのこの世に“うまれる”経験をした人は必ず心に響く映画だと思ったからです。私のようにまだ出産の経験のない人は、自分が産まれたことがどんなに奇跡的なことであるのかを感じ、自分を産んでくれた母親に感謝の気持ちでいっぱいになるでしょうし、お子さんのいるお父さんお母さんは、我が子が産まれた時のことを思い出し、改めてお子さんへの愛情を深く感じるのではないでしょうか。また、この映画の中では“胎内記憶”についてのシーンが出てきますし、お子さんが観ても意味のある映画だと思います。これはあくまでも私の想像なので、観る人によってさまざまな感じ方のできる映画だと思います。
私自身も観に行ったきっかけは“保育士として”観てみよう、だったのですが、実際に観てみると1人の人間として純粋に「お母さんありがとう」とただただ感じました。そして時間が経つにつれて、保育士としてぶどうにお子さんを預けているお母さんたち1人1人もこんな風に子どもを出産し育てているんだなあと気付き、全てのお母さんたちに対して尊敬の気持ちと感謝の気持ちを感じました。また、私が保育させてもらっている子どもたち1人1人も当たり前のように存在しているのではなく、それぞれに“うまれる”ドラマがある貴重な存在で、今までももちろん大切に思ってきましたが改めて、その大切さに気付かされました。
この映画の中には4組の夫婦が出演されています。自分自身が親に愛情を持って育てられた実感がなく、自分が親になれるのか自信のない夫婦。出産予定日にお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまった夫婦。障害をもった子どもを出産した夫婦。長期の不妊治療の末、産まない選択をした夫婦(奥様は日本でも有名な不妊治療を行う病院の看護士で、自らは多くの赤ちゃんの誕生に携わっています)。
正直、目を背けたくなるような悲しいシーンもあります。でも、だからこそ感じる“うまれる”ことがどれだけ奇跡的なことであるのかというメッセージを多くの方と共有したいと思っています。
ぜひ、1月18日にてくのかわさきで行う「うまれる」の自主上映会に足を運んでいただき、みなさんがどんなことを感じたのか教えていただきたいです。

     ぶどうの実「うまれる」上映会実行委員会 高橋翔子
スポンサーサイト

テーマ : 育児
ジャンル : 育児

プロフィール

ぶどパパ&ぶどママ

Author:ぶどパパ&ぶどママ
平成13年にぶどうの木を設立してから、私夫婦が保護者向けの園だよりに毎月掲載してきたものを、ブログで公開しているものです。
内容は、私たちが関わってきた児童養護施設や保育園、学習塾や様々な子育て応援を通して、子ども子育てを中心にその実践を踏まえた思いや願いなどを綴ってきたものです。
私たちの子ども子育ての実践を「ぶどうスタイル子育て」として確立して行きたいと同時に、広く紹介して少しでも子育てに悩んでいる親へのヒントや支えにしていただければと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。