スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼から電話」というアプリをご存知ですか?

今、子育て中のママたちの間で話題になっている「鬼から電話」というアプリをご存知ですか?
宣伝文はこうです。
 
言う事をきかないお子さまのいろいろな困った行動に対して、赤鬼やお化けが代わりに電話越しでお子さまに説得する無料アプリです。「何度も注意しているのに聞いてくれない」とお困りのお母さまは、ぜひこのアプリが子育ての強い味方となってくれるでしょう。
鬼から電話では、着信がくる時間を「20秒後」「1分後」「3分後」に設定できます。シチュエーションをタップするとすぐに着信がくるのですが、着信がくる時間を設定しておけば、よりリアル感たっぷりにお子さまを説得できるかと思います。赤鬼やお化け、見た目は普通だけど行動が怖いキャラたちが、しつけに困っているお母さまの代わりに、様々なシチュエーションに合わせてお子さまを説得してくれるアプリです。


私も実際にこのアプリの画像を見てみました。
アプリの解説にあるような説得というレベルではなく、ものすごくリアルで驚きました。決して説得というものではなく、率直に子どもの心に恐怖をあおる脅しだと感じました。ですから、これは特に自我が未熟な幼児には、効き目がおおいにあると思いました。
しかし、子どもを恐怖で脅かして言う事をきかせることが、本当のしつけになるのでしょうか?脅しがきく時には、好ましくない行動は制止できるかもしれません。でも、それは恐怖でこころが委縮して、その場限りで行動を止めるだけです。子どもの育ちを長い目で見たときに、豊かな心の育ちにとってプラスになるとは思えません。
イギリスの哲学者ラッセルは、子どもに発達段階に合わない恐怖を与えることは、人格形成に大きな影響を及ぼすと言っています。
児童虐待の定義の中にも、不適切な養育態度として、子どもに恐怖を感じるようなことを体験させるとあります。こうしたマイナス面を、実はどこかで薄々わかっていながら、手軽に子どもを大人の指示に従わせることができるメリットがあるので、こうしたアプリが利用されるのだと思います。
しつけで手がかかる「むずかしい」子どもに、ほとほと手を焼き、つよい困り感をもってしまっている親にとって、頼りになる便利なアプリなのだと思います。実際に必死に子育てしている親にとって、時間がない時にダダコネされたり、言う事を聞いてくれなかったら、わらをもすがりたい気持ちになるでしょう。鬼でも悪魔でも助けてほしいと思うのは当然だと思います。
しかし、小手先の小道具だけでは、これからの親子関係が良好に維持できるとは思えないのです。
当然ですが、同様に手のかかる「むずかしい」子どもの好ましくない行動やふるまいが根本から改善されるわけではありません。下手をすればこうした好ましくない行動は、成長にともないエスカレートする可能性すらあります。

私が一番危惧することは、「むずかしい」という段階から、将来「お手上げ」になって子どもの人生が台無しにつながりかねないということです。親にとって、望ましくないふるまいをしているのは子どもなのですが、最良の改善する方法の基本は、「親が変わらなければ子どもは変わらない」のです。こうした子どもには手助けが必要です。その子どもに手を差しのべられる最も近い場所にいるのは、親と私たち保育者です。

まず、インスタントな特効薬のようなその場しのぎの「鬼から電話」などのようなアプリに頼るのはやめたいものです。
目指すべき方向は、子どもとの関係が改善され親としてのストレスが減り、子どもが自分の行動を適切にコントロールでき、人の期待にこたえながら、健やかに子ども自身が自分育ちをしていくことだと思います。そのためには、じっくりと腰を据えて親に〝なる〞努力をするしかありません。

ぜひ、効果的な子育てのあり方と方法をいっしょに考え学び合っていきましょう。
悩んだり、迷ったり、困ったりした時は、「鬼から電話」に頼るのではなく、「ぶどうに電話」でもいいですよ。
 
                                ぶどママ先生より                          
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

プロフィール

ぶどパパ&ぶどママ

Author:ぶどパパ&ぶどママ
平成13年にぶどうの木を設立してから、私夫婦が保護者向けの園だよりに毎月掲載してきたものを、ブログで公開しているものです。
内容は、私たちが関わってきた児童養護施設や保育園、学習塾や様々な子育て応援を通して、子ども子育てを中心にその実践を踏まえた思いや願いなどを綴ってきたものです。
私たちの子ども子育ての実践を「ぶどうスタイル子育て」として確立して行きたいと同時に、広く紹介して少しでも子育てに悩んでいる親へのヒントや支えにしていただければと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。