スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校での新しい生活にドキドキのAちゃん

今年3月に卒園したみかん1組の子どもたちが、時々、登戸園に訪れ成長ぶりを見せてくれます。
とても微笑ましくうれしい気持ちになります。
そんな中、ぶどうの保育の成果が感じられたうれしいエピソードがあります。

ぶどうの保育で大切にしている3本柱の中で、セカンドステップがあります。
今年も年長が6月より、セカンドステップを始めました。
セカンドステップとは、今年3月のお便りでも紹介した、5歳児を対象にアメリカで開発された教育プログラムで、たとえネガティブな感情でも、自分の気持ちと相手の気持ちを理解し受け入れることで、そこから問題の解決力を育み、そのうえでどのように感情をコントロールするかを身につけ深めていくプログラムです。
子どもたちはセカンドステップのレッスンを重ねることで、初めは自分の気持ちが言えなかった子も、手を挙げて発言ができるようになります。

今年3月に卒園したAちゃんのママからのお話で、もともとAちゃんは緊張するタイプで小学校での新しい生活にもドキドキしていました。
特に学童が嫌で泣きながらママの付き添いで登校。
クラスでは泣くことはなかったのですが、どこかドキドキしている様子だったそうです。
ある日、体格の良い男の子から理由もなく物をぶつけられたり、嫌なことを言われたりした時、毅然とAちゃんは、その男の子に対して、「何でそう思ったの?」「私はこう思ったの!あなたはどうしてそう思ったの?」と相手の目をしっかり見て、話をしていたそうです。
Aちゃんのその姿に学校の先生も感心し、ママにその様子を話してくれたそうです。
それを聞いたママは、「ぶどうでやっていたセカンドステップのおかげだ!」だと思ったそうです。
登戸園のスタッフにママが「先生、セカンドステップはすごい!」と話してくれました。

少し話が変わりますが、1年生の課外行事の際、他の子どもたちが疲れている中、登戸園の子どもたちは疲れることもなく元気だったと、登戸園に通って体力面も鍛えられたと保護者の方から言っていただきました。
ぶどうの保育のひとつひとつが、実となって子どもたちの成長に繋がっていることに喜びと自信につながるエピソードです。

子どもたちが育っていく上で何が大切なのか。
勉強やスポーツなど、もちろん、それも大切なことかもしれませんが、それだけで、人としての成長があるわけではありません。
生きていく中で悩み、葛藤することがあります。
課題や問題を乗り越えていくために、主体性とコミュニケーションと粘り強さが必要ではないででしょうか。
適切で効果的な問題解決の能力は、困難や障害を乗り越えることを容易にします。
また自らの人生の財産となり、柔軟でたくましい生きる力となるはずです。

リニューアルしたぶどうのホームページを見いただけているでしょうか。
代表である堀が冒頭に「シアワセな未来を創るひとを育てる」と書いています。
自ら希望を切り拓き、ひとと共生し、社会貢献する「ひと」として生きていけるよう、私たち保育者は子どもたちとかかわっていきたい。
いろいろな困難に直面した時、自分で問題解決できるように、人との共存の中で幸な人生を歩んでいけるよう、子育ての伴走者としてぶどうの保育はありたいと思っています。

登戸園も開園して5年目になりました。
卒園児一人ひとりが将来、ぶどうでの生活で培った心の強さや柔軟さで、社会に貢献できる「ひと」として成長し、登戸園に来てくれるようになってくれることが、私の大きな希望のひとつとなっています。
子育てに明確な答えはありません。
一人ひとりの親たちの子育てや働き方を支援しつつ、共に悩み考え子どもたちのためによりよい子育てをしていきたいと思っています。
                  ぶどうの実登戸園 園長
スポンサーサイト
プロフィール

ぶどパパ&ぶどママ

Author:ぶどパパ&ぶどママ
平成13年にぶどうの木を設立してから、私夫婦が保護者向けの園だよりに毎月掲載してきたものを、ブログで公開しているものです。
内容は、私たちが関わってきた児童養護施設や保育園、学習塾や様々な子育て応援を通して、子ども子育てを中心にその実践を踏まえた思いや願いなどを綴ってきたものです。
私たちの子ども子育ての実践を「ぶどうスタイル子育て」として確立して行きたいと同時に、広く紹介して少しでも子育てに悩んでいる親へのヒントや支えにしていただければと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。