スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成28年度保育テーマ

平成28年保育テーマ


10年・20年先のAIやナノテクノロジーなどの科学技術の劇的な進歩が予測される未来の社会における働き方や生活スタイルは、劇的に変貌しているといわれています。そんな未来の社会像を見据えて、いまの子どもたちが来るべき未来での社会の担い手になるとき、ひととしての在り方や人間としての総合力はどうあればいいのでしょうか。このような視点から、今日の保育での養護や教育のあるべき姿や可能性を、どのように探求していくかが求められていると思います。当然ながら現状維持の問題処理型から未来創造型の発想への転換が必要になると考えています。現代を生きる私たち大人が社会のこれからのあるべき姿として、人と人の違いが公平に尊重され、個々の違いによって区別され差別されることなくつながりあい、すべてのひとが包み込まれ、共生できる社会を描き築いていくことが、大人としてのなすべき役目ではないでしょうか。豊かな人と人がつながりあう社会の形成への努力が、子どもたちひとり一人が『シアワセな未来を創るひと』として成長いくための肥沃な土壌となると思います。
ですから私たちが考える養護と教育の視点は、学力やIQのような認知能力を高めること以上に、昨年の保育テーマであった自尊感情や、やりたいという純粋意欲や主体性、人とのかかわり力、感情のコントロール、困難に立ち向かう目的達成力など、すぐには目に見えにくい成長の根と希望の種を育むことが大切だと思っています。そして、そのことが乳幼児の子どもたちの将来における豊かな人間性を育む土台になると確信しています。
そのために、まずは保育者や仲間との信頼関係の構築や心地よい居場所感から情緒的な安心・安全が、すべての子どもたちに保障されることが大切な基礎になります。こうして、ひとり一人が大切にされ、互いの違いを認め合い、違いから生まれる対立、葛藤を乗り越え、相互の理解を深め合いながら、問題解決力と自由な発想力のある仲間づくりをめざしたいと思います。そのために共感と対話のコミュニケーションを通して、みんなの意見や才能を活かしあい、おもしろいアイデアやアプローチの仕方、物事のとらえ方を尊重していきます。そこから興味・関心がさらにひろがり、発見や探求が拡張して高次の思考へと子どもたちの育ちが促されると思います。その前提として、私たち保育者が「~べき」という過去の経験によって培われた既成の枠組みにとらわれないゼロベースからの柔軟な発想を持ちたいと思います。そこで、今年度は子どもたちが年齢・性差・個性などの違いを超えて、ごちゃまぜの縦割りでない異年齢をさらに進めていくことに取り組みます。その中から、ユニークな発想やひらめきがドバドバと、子どもたちからも大人と子どもたちとのかかわりからも生成される、ワクワクするおもしろい遊びと学びの物語を紡いでいきたいと願っています。

テーマ : ぶどうスタイル
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぶどパパ&ぶどママ

Author:ぶどパパ&ぶどママ
平成13年にぶどうの木を設立してから、私夫婦が保護者向けの園だよりに毎月掲載してきたものを、ブログで公開しているものです。
内容は、私たちが関わってきた児童養護施設や保育園、学習塾や様々な子育て応援を通して、子ども子育てを中心にその実践を踏まえた思いや願いなどを綴ってきたものです。
私たちの子ども子育ての実践を「ぶどうスタイル子育て」として確立して行きたいと同時に、広く紹介して少しでも子育てに悩んでいる親へのヒントや支えにしていただければと思っています。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。